New Eraのスクエアウェストバッグによる捗りについて

ここ半年くらいNIXONのデカ目のバックパックで通勤していたんだが、ひょんなタイミングでmont-bellのULトレッキングアンブレラを買ったのを契機にバッグのスリム化欲が芽生えてしまった。

ULトレッキングアンブレラ、とにかく軽くて小振りなので取り回しが良すぎる。何故もっと早くこれにしていなかったのかと後悔した。

バッグをスリム化しようとすると所謂ボディバッグ的存在が目立ってくるが、個人的には雰囲気がイマイチなのでなんかもうちょっと違うヤツがないかと探していた時に見つけたのがNew Eraのスクエアウェストバッグだったのだ。

カミさんからは、その年齢でNew Eraのアイテムを持つのはどうなのか、同世代にそういうスタイルの人はいるのか、イタみがないか、と極めて否定的な意見がポンポンと出てきた。

「丸山ゴンザレス」と答えたところ、丸山ゴンザレスが使ってるならOKだね、になるわけないだろ、というレスポンスがあり、なるほどこれが価値観の違いかという気持ちになった。

取り回しも良いし、ボディバッグ感も高くないし、思ったよりはまあまあ荷物も入るので捗っている。電車内でKindle Paperwhiteを取り出しやすくなったのがとにかくありがたい。

オススメです。

人生に煌めきを取り戻した

帰宅してから保育園の連絡帳を見るのが毎日の楽しみのうちの一つである。保育士の方が保育園での様子をわかりやすいように書いて下さっていて、楽しく過ごしているだろう様を想像してはニヤニヤしてしまう。

つい先日、下記のメッセージが書かれていた。

f:id:kiyo-shit:20180614233232p:plain

うひょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!

パパも大好きだよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!111

いやー、もうアレすね、やっていきですね!!!!!!1やっていけますね!!!!!!!!!!!!1

最高!最高!あー、最高。

See also.

kiyo-shit.hatenablog.com

パパ嫌い問題

とにかく問題以外の何物でもなく、圧倒的に生活のハリが失われておりQOLに甚大な影響が出ている。面と向かって「パパのこと好きじゃない」「パパ嫌い」と言われるのは、さながら冷凍都市の暮らしである。

許されない行為

  • オムツ替えをする
  • 髪を結ぶ
  • 着替えをする
  • 寝かしつけをする

許される行為

  • 風呂に入る(体を拭く行為はNO)

あまりにも許されない行為が多いため、カミさんの負担が圧倒的に高まってしまっている。Kaizenのための仮説を立てようにも、概ね許されないのでナシのつぶてと言える。

様々な拒絶行為の中で一番辛いのが、リビングから玄関に向かうようなシーンで「パパ来ないで」と言われリビングのドアを閉められるヤツです。

いつのまにか姿をくらますしかない…。

自分の選択に責任を持つということ

プライベートでも仕事でも、相互に排他的なオプションを選択しないといけない場面には多く出会うわけですが、選択に対する意思決定というのはどんな内容だとしても気軽にするものではない。大して時間をかけずに直感で選択する/切り捨てるだとか、いま必要なオプションを重視するあまり将来的により有効なオプションを軽視するというのも、強い後悔を生んでしまう。

選択した結果、どうなるのか。それが自分にとって他の選択肢によってもたらされる結果よりもグロリアスなのか。そういうことをちゃんと考えて一つひとつの選択行為を大切にしないといけない。そして万が一選択に対して失敗したとしても、それを他責してはいけないし他者によるリカバリーに期待しすぎてもいけない。

成城石井で買ってきたちょっと良いプリンという選択肢を捨ててラムネを食べた結果、やっぱりプリンが食べたいと号泣する娘にとくとくとこんなような話をした。

定位 右寄り 難聴

どうもセンターが数ミリ右に定位して聴こえる。聴こえるような気がするという方が正しいかもしれない、センターに聴こえてくる位置に指を当てるとちゃんとセンターになっていることもある。

イヤフォンの装着の問題かと思ってとりあえず日中はやり過ごしていて、帰宅してからヘッドフォンで試したがやはり右に定位する…。そしてLR逆に装着したらちゃんとセンターに定位した。

わからない…何も…。

ゴベルナ読書法

本を読みやすくする環境作りは一定の成果が出始めているのだが、昔からの悩みであるところの「脳内音読によって読書速度が荒れがち問題」の表面化が著しい。文体やテーマによりけりというところも悩ましく、なるべく安定させていきたい。

そういえば、呪文的ワードを唱えながら読むと脳内音読を軽減できるような記事を読んだことを思い出した。

口にしやすく、リズミカルで、それ自体に意味はなく、また、別の意味も連想しない、という条件でいくつか試したところ「ゴベルナ」に行き着いた。今のところ上手く行っていそうである。

ちなみにロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンから取り出したのだが、不思議と内藤選手を連想しないで済んでいる。

「蟻さん踏んでもいい?」に対する回答について

ここ最近、やたらと体力がついて来たこともあって、昼寝後にもう一度外に連れ出すことが増えてきた。

ストライダーを持って近所の広場的存在で遊ばせていたところ、地面を歩く蟻を見ては首記の質問をされた。

こんなに答えに困る質問もそうないなあ、と答えあぐねているとガシガシと蟻を踏みつけ始めてしまった。まあそうだよな。たぶんダメと言っても踏んでしまっただろう。

潰された蟻を2人で見ながら「蟻さん壊れちゃったー」と、まさに無邪気な発言をする娘に「蟻さんにもパパとママがいるんじゃない?この蟻さんはもうパパとママに会えないね」と伝えた。

難しいなー。踏んではいけないというのは簡単なんだけど、そういうことではないんだよなー。