突発性難聴になったので耳鼻科RTAしてきた

以下、YMYLコンテンツ。

日曜日の朝、起床してみたらどうも右耳が詰まったような感じがしていた。気圧の変化で耳が詰まる感覚に良く似た詰まり方だったので、なんかの拍子で発生した事象だろうし、しばらく放っておいたら良かろうと思ったものの、正午も過ぎたところで詰まりは軽くなったが取り切れてない。ということで「片耳 詰まったような」あたりで検索して突発性難聴に辿り着いたのだった。難聴っていうくらいだからもっとこう聴こえない感じが強い印象があったのだが、こういう詰まる感じでも聞こえに影響があるならば難聴という処理で良いっぽい。

そして「突発性難聴は耳鼻科RTA」という知識を得ていたので、月曜最速耳鼻科診察を決心したのだった。正常に回復させるには48時間以内の受診(というかステロイド投薬)が肝らしい。

ちなみに生活への影響度でいうと、会話が困難になるような聞こえなさではない。どちらかといえば薄らと詰まっている状態への違和感がストレスフルなのと、とはいえ聞こえの差からくる影響と思われるが、ふらつきというか浮遊感のようなものがあって気持ちが悪い。この浮遊感がかなり厄介。物理的にフラフラするわけでもないが、座っているだけでもなんとなく体がちゃんと静止できない感じがあって、強いストレスがある。

で、月曜日の朝。本日も起床後に右耳が詰っており、いよいよ間違いの無さに心が沈む。そして7時から開始される耳鼻科予約RTAに備える。予約順で診察されるのでRTARTAといえる。子どもの中耳炎診察で散々予約しまくっていたので、余裕で先頭集団の番号をバミった。

診察で症状を伝え、鼓膜、鼻、喉の視診の後に、めまいの検査が行なわれた。医師の指先を追従する検査と何も見えないHMD様のものを被せられ、首を左右に振ったり、座席を倒した状態で首を左右に振るといった検査。

次に鼓膜の検査。鼓膜の形状を見るやつで、子どもが中耳炎の検査でいつもやっているやつだった。子どもの診察に付き添いまくっていたのでプリントアウトされた結果を見て問題無いと判断できてしまう。

実際、鼓膜には何も問題がないということで次に聴力検査が行われた。聴力検査をやる機会、基本的には健康診断くらいだと思うし3パターンくらいの音を聞いて終わりという印象があったのだが、流石にそこまでの簡単さはなくて5〜6パターンくらいのサウンドを聴かされた。あとどういうギミックかわからないのだが、片耳ヘッドフォンのパッド側からノイズが発されて、もう片方は耳の後ろにゴム様の何かをあてがわれるが、音が聴こえるのはそのパッドじゃない側、というやつもやった。なにあれ。骨伝導?聴かされたサウンドはどちらの検査も共通だと思う。

聴力検査の結果、問題である右耳は低音の聞こえが悪い。そして今回は何の症状もない左耳は高音の聞こえが悪い、という予想外の結果となってしまった。先生曰く突発性難聴が左右同時に発症することは稀なので左耳は別の問題ではないかとのこと。高音聞き取りにくいの、自覚症状全然無くて怖い……。

ということで、鼓膜に異常は無いが突如として聞こえに異常が発生したのであれば突発性難聴の可能性が高かろう、とのこと。ステロイドを投薬して、今週また様子を見せて、改善が無ければ大病院行き、という方針でやっていくこととなってしまった。

診察終わりに、突発性難聴はストレス起因が多いから穏やかに過ごすと良いと言われた。無理〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜穏やかにすごしてえよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ファック〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

いかなる時も心のコンパスに従うことを忘れない

f:id:kiyo-shit:20220205172127j:plain 半年くらい前の話だが、ディズニーシーに初めて行ってきた(し、年明けにも行った)。

大人向けのディズニー施設がコンセプトっぽいのもあってか、ランドとは全然雰囲気違って面白い。そんなにディズニー感の強くないあしらいに思える。

パークの作りは階段が多いのでベビーカーはめっちゃ迂回ルートを通されるのでまあまあ辛い。パークの構造をランドは良く知っているがシーは初見でどこに何があるかとかどう歩いたら良いかがわからないので移動の心労があった。慣れの問題とも言える。

不慣れな初回というのもあって、あまりアトラクションにも乗れなかった。その中でも最も印象的だったのがシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジである。イッツ・ア・スモールワールド的な、ボートに乗って両サイドで発生している人形劇を鑑賞するタイプのソレ。シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジもイッツ・ア・スモールワールドもスポンサーが日本通運で「一貫性があるな」と感心してしまった。

www.tokyodisneyresort.jp

アトラクションというか、ストーリーみたいなのは正直どうでもいいのだけども、とにかくBGMが良すぎて感動した。あまりにも良すぎたので帰ってから調べたらアラン・メンケンが作ったらしい。そりゃ最高だわ〜!メロディも良いんだが、歌詞に強く心を打たれた。「旅先で巡り合った友達こそが宝物である」ということを延々と歌い続けているだけではあり、カミさんは大事なことを早い段階で言っちゃってるじゃんと言っており、そうですね……という気持ちであるのだけど。とはいえ「俺のキャリア観がそのまま歌われているぞ!」と思ってしまったのが打たれた理由である。

転職活動をしていくと、基本的には職務経歴書を基として案件紹介が行なわれたりカジュアル面談を含むインタビューがアレンジされるわけだが、職務経歴書に書かれる項目よりも「誰と働いて、何を得たのか」のが大事だな、ということに面接担当者と会話をしていく中で改めて気付いたのだった。当たり前だろと思うかもしれないけど、客観的に自分のキャリアを他者に話す機会を6年近く持たなかったので意識せずに暮らしてしまっていた。

仕事をしていく中で得た、物事の進め方や考え方、組織やチームが直面しているissueを正しく捕まえる方法。そういった仕事との向き合い方は決して自分一人の力だけで身につくようなものではなくて、一緒に働いた人から自然と吸収している。つまり、素晴らしい人たちと一緒に仕事をし続けることだけが、自分のキャリア形成にとって最も大事なことと言える。そりゃそうだろ、と思いますよね……。

旅の中で巡り合った素晴らしい友達によっていまの俺は形作られているし、これからも素晴しい友達に巡り合うために旅に出ていこうと思いました。

まあ、これまでのキャリアを振り返ってみて「人生は冒険だ!」と言い切れる自信は無いものの、少なくとも心のコンパスに従った結果は間違いなく良かったと思っている。

それではお聴きください、コンパス・オブ・ユア・ハート。

加齢によって体力が落ちた感じは一切無いのだが、柔軟性と怪我からの回復力は落ちている

20台くらいの頃に、40歳くらいのおっさんから「35歳を過ぎると一気に体力が無くなるぞ」みたいなことをちょいちょい言われたことがある。ちょいちょい、というのはつまり複数人から言われたことがあるので、これをお読みになっている同世代の方なら同意頂けるのではないか。

で、自分が実際にその年齢に達したのだが、これまで体力が無くなったような思いをしていない。「若いころはもっとやれたんだがな〜」みたいな気持ちになったことがないんだよな。

なので、かつてのおっさんどもが我々を脅してきたソレがなんなのか、いまだに謎である。いまも変わらず元気一杯なんですけど。

とはいえ、加齢を感じるエピソードが無いかというとそれはそんなことはなくて、タイトルの通りである。とにかくめっちゃ体が硬くなってる。特にハムストリング。ちょっと前にデッドリフトで腰をやってしまったのだが、どうもハムストリングの硬さが影響しているという説がある。現代においてはハムの硬さが腰痛の主因みたいな説もあるようで「ハム硬い is 悪」という世界観が発生している。知ってましたか?俺は知りませんでした。

怪我からの回復も程度を問わずめっちゃ治りが遅い。ダンベルをラックに戻すタイミングで手首をやってしまったのだが、完全に治った、と言い切れるまで8ヶ月くらいかかっている。まあこれは普通にTFCCをやった可能性もあった。もっと小規模の話でいえばちょっとした切り傷は、その痕が消滅するのに数ヶ月かかっている。全然ターンオーバーしない。

そんなわけで、体力と気力という点で言えば若い時分と比較して劣後している感覚は無い。何故かつてのおっさんどもはなんであんなに脅してきたのか。何らかの栄養状態の世代間ギャップがあったりするのか。

みたいなことをジャックナイフストレッチしながら考えていた。

老眼 vs 子ども

いよいよ老眼が始まったことを認めつつあるのだが、子どもの振る舞いと老眼は大変相性が悪い。

子どもは何にも考えずに生きているため、人に物を見せたいと思ったら、眼前にそれを持ってきがちじゃないですか?目と鼻の先に持ってきませんか?

すると、こちらはもうそんな高速にピントが合わないんですよ。40年前のAF並み、MINOLTA α-9000くらいには遅い。

急にピントが合わない状況になるのは脳に相当な負担がかかるらしく、いきなり最高ストレス体験で「ちょっとやめて!!!」とまあまあ大きな声を出してしまう。

子どもからしたら見せたいものがあるのに強めに拒絶されてしまったので非常に辛い。辛いがこちらも熱いとか痛いに近しい負荷がいきなり来るのでどうにもならない。

何か良い対策があれば教えてください。

東京地裁で傍聴した - D-2

この機会にやっておきたいアクティビティのひとつに裁判の傍聴があった。確かに裁判は平日にしか行われていないようだし、傍聴のためにわざわざ有給を取る程に興味を持てるのかもわからない。そういう意味ではちょうど良い機会だった。

霞ヶ関駅を降りると目の前に施設が存在している。というのは後からわかったことで、訳あって桜田門駅からGoogle Mapsを頼りに向かっていたら正面玄関をスルーして裏口の方に回されてしまった。最高裁裁判官向けの強めのメッセージが掲げられているところが正面玄関だった。

正面玄関から入ると空港的手荷物検査が行われ、その先にはどの何番の法廷で何の裁判をやるのかを一覧できる電子端末があった。内容やフェーズでおそらく公判の時間が変わっていそう。殺人事件は10時〜17時という予定になっていたが俺が見た覚醒剤取締法のやつは30分だった。ちなみに民事裁判もどういうのがあるか見てみたが、消費者金融の名前がズラッと並んでおり、なるほど……という気持ちになった。

傍聴券制度になっていない公判については、特に何の手続きもなく、そのまま法定に入って良いっぽい。傍聴人入口的なのがある。

裁判の中で最も興味深かったシーンは、検察から打ち合わせの提案が行われたことだった。そうか、彼らも打ち合わせをするのか。先生を交えて争点について打ち合わせをしたい、という言い回しで、先生というのは文脈的には弁護人を指していると思われる。検察、裁判官、弁護人の三者でissueを絞りましょうっていうことっぽい。争点にしていない部分の証人呼んでもしゃあないよね、と言う事なんだろう。あと裁判所の一人称が「裁判所」だったのが面白い。我々であれば「弊社」だとか自社名を言うような場面の一人称あるじゃないですか。「裁判所はその予定で大丈夫です」みたいな感じ。

全体的な進行の感じだとか三者の雰囲気としても「問題 vs 私たち」の構図で事を進めている感じだったのが意外っちゃ意外だったし、まあそりゃそうだよな、とも思った。たまたま傍聴したこの回がそうだった、と言うことはありうる。

打ち合わせの日取りが決まって閉廷となった。立ち上がった被告人に、両脇にいた警備員的存在が手錠と腰紐を付ける。手錠の重厚な金属の摩擦音が印象的だった。手錠は本当に「ガチャッ」と言う音がするのか。

食堂で昼食をとる、と言うアクティビティも狙っていたのだが、残念ながら第一食堂とされるところ閉店しており取り壊し作業が行われていた。ので、隣のすき家に行った。午後も別の公判を傍聴できると良かったのだが、一旦はここで帰宅することとした。

我々は「裁判を受ける権利」と言うのを持っているが、実際その裁判というものがどういう場所でどういう雰囲気で進むのか、というのを(ごくごく一部ではあるが)知ることが出来る良い機会だった。

Mac miniのセットアップをする - D-27

先日のソレで、一般的にはMacBook Proを買う流れになっている中、結局は何もなかったMac Miniを買った。このエントリもMac miniから書いている。

何もなかったゆえにMacBook Proにするかだいぶ迷ったのだが、迷っているうちにMacBook Proの納期がまあまあアレな感じになったのを見て、とりあえずMac Miniでいいんでは、と思い直した。仮に来年初頭にとても良いアップデートがなされたのであれば、これを下取りに出して乗り換えたらいい、という目論みであり、納期も素早い。

ということで今更ながらM1のMac miniが届いた。

かつて社用のMacをセットアップする時にも思ったが、現代においては概ねクラウドってやつで済むことが多いし、出来る限りそういう寄せ方をすることでセットアップ手順というか、手元環境の構築が簡素な手順で済むようにしておくのがクレバーっぽそう。

そういう意味で困ったのがGoogle日本語入力で、これのローマ字変換テーブルが何故が開かない。その結果、DvorakJP用の変換テーブル設定が出来ず、人生の行方に問題が発生している。

Abletonが普通に動いて、普通に動いとるな、という気持ちになれて良かった。

事実上の本編が誘導の場にされていて憤った - D-29

昨日の反省を大いに活かしたこともあり、十分有意義な一日を過ごせた。

回胴式遊技機の市場調査

おそらく、前回の有休消化以来の、朝イチに近い時間にホールに行く、という振る舞いをした。賑わいのある産業というところからは少し遠ざかってしまっている印象。地域性もあると思うけど。結果としてはちょい負け。まあもう市場調査はいいかな〜。打ちたい欲求は解消できたので良し。

往復で70分くらいの距離感にあるラーメン屋

ずっと気になっていたものの、距離的にランチの時間で行くにはちょっと遠いという絶妙な感じで行けてなかった。電車で数駅くらいのレンジ。店ががっちり豚骨をやっている系なので家族と行くにはだいぶアレ、というまさにこういう時にうってつけと言える。(店名書こうと思ったけど居住地域がソレなので伏せた)

行きたいラーメン屋はまだ1つストックがあって、それは厚木にある。

twitter.com

渋谷にある櫻坂の店主だった方が、その後に平塚に出店されて、そこも引き継いでからのもとすけらしい。厚木に行くにあたっては電車と車だと車のがだいぶ早いっぽいんだが、電車でダラダラ行くのも悪い選択では無い。

8 Mileを観る

Netflixのプレイリストからどれか一本観ようと決めてツラツラと眺めていたところ、8 Mileがあった。なんかのタイミングで配信開始されたのを見つけて入れておいたんだと思われる。これもまたこういう時にこそ観る映画である。テーマ的にも良い。最後に観たのは10年前くらい?観るのは多分3回目か4回目じゃ無いかな。

結果がわかっていてもなおめっちゃテンション高まるのでいい映画ではあるんだと思う。ただまあ映画として面白いのかどうかは疑問。

それはそれとしてめちゃくちゃ不満だったのがこれ。

ラップインのタイミングでエンドロールに行くし、こっちもエミネムと一緒にラップするつもりでいたので、より正しく表現するならば「His palms are おい!!!!!!!!」である。

あそこが優れた誘導の場であることは理解するけど、8 Mileはダメだろ。あとイカゲームは全然8 Mileと親和性なくない?

今日はそんな感じ。

「人生のバックログ」をメンテナンスしていなかったせいで、いきなり掃除する羽目になった - D-30

みなさん、「人生のバックログ」をメンテナンスしていますか?俺はしてませんでした!

「人生のバックログ」というのは、まあ、概ね想像付くとは思うのですが、実行可能な粒度で用意された「人生におけるやりたいことリスト」みたいなイメージです。つまり「海外旅行に行く」だと粒感が大きすぎるのでNGで、どこどこ行きの航空券を買う、くらいの粒感にはなっていたい。

この「人生のバックログ」を時折メンテナンスしておかないと、いざ暇になった時に有意義度レベルの低い時間を過ごすことになってしまうことが発覚した。のだが、気づいた時にはもう手遅れであった。

やりたいことが多い方という自負はあったものの、いざ放り出されてみると開幕から何をしていいのかわからず途方に暮れてしまった。やりたいことがアクション可能なレベルに落ちてないのでどうしたらいいのか考えるところから始まるし、やりたいことそれぞれの優先度もない状態。「何もやること無くなったら掃除でもしたらええやろ」と思って悠長に構えていたんだが、なんといきなり掃除をすることになってしまった。

まー、いくつかあったアクション可能なアイテムも含めてバックログ整備しつつ、こうやって日々をブログに書くこととする。

あの時の俺は、まさに医療関係者にクソしょうもないジョークを放り込むおじさんだったのではないか

ワクチン接種方面で「これで5Gに繋がりますかね?」みたいなことを発して医療関係者をイラつかせているおじさんビヘイビアへの批判が高まっており、そんな地獄みたいな事が許されてはならないと憤っております。

ところで、かつてこんなエントリを書いたことがある。

kiyo-shit.hatenablog.com

そして、この中で下記のような件がある。

サポート役の看護師の方から「ソッコー、カラダ熱くなるしヤバみあったらアレして」みたいな内容を告げられたんだが、まあ確かに凄くて、ヌルいテキーラを連続で飲んだ時よりもカラダの内部が熱くなる

スマートドラッグとしての造影剤 - Robot Checkerboard

これ、実際のやりとりとしては看護師の方に「体が熱くなってきましたか?」と問われたので「ヌルいテキーラを飲まされた時みたいな感じっすね〜」と回答していたのだ。

看護師の方はプッと吹いたようなリアクションをして「お酒はほどほどにしてくださいねー」みたいなことを言ってくれたんですけど、これ完全に5G繋がりますか的な振る舞いと同じなのでは???

いや、ひと笑いさせるみたいな気持ちはなくて、どういう状況か問われたのでわかるように答えたに過ぎないんですけど、結果としては5G行為と同等の罪といえる。

猛省します……。

プロテインをシェイクする動き

プロテインをシェイクしている様子を見た1歳になった下の子は、俺が手を振っているのかと思ったらしく、ニコニコしながら手を振ってきてとても可愛い。そして申し訳なくもある。何故なら自分のタンパク質のことしか考えてないのだから……。

ところで、プロテインシェイカー、ちょっと前まではみんな大好き Blender Bottle を使っていたんだが、シェイカーボールのガシャガシャ音にクレームが付いて困ってた。リビングでシェイクしている音が寝室にまで聞こえるとか、流石にそれはウソだろとも思っている。それはそれとしてなんか良いオルタナティブがないか探していたところ、 ShakeSphere がとにかく見た目がカッコ良いので買ってみた。あと名前も粋で良い。この名前思いついたときのドヤ感すごそう、羨ましい。

レビューを読んだところ塗装が剥げるみたいなのがあるっぽくて、マットブラックにした。

Sphere の商品名の通り、蓋側と底側が丸くなっていて混ざりやすいのが売りらしい。たしかにシェイカーボール無しでも十分混ざる。ダマも出ないし、泡立ちも少なめ。まあ泡立ちはプロテインの質による部分が支配的とも思うけど。

あとバナナとかキウイを使ったスムージーも作れると書いてあるが、ホントか?底側が絞られているせいもあって、若干不安定な感じで危うさもある。けど、だいたいイッキ飲みなので倒したところで影響はない。スライドさせる飲み口のフタは結構固い。両手でグッとヤる必要がある。

全体的にはとにかくカッコいいし、名前も粋だし不満はない。

シェイカーに悩んでいる人がいたら是非どうぞ。

Web会議において高品質マイクを使わないということは自分が価値ある発言を出来ないことを認めているのと同義

なので、そもそも会議に参加しなくて済む方法を考えたほうが良いのではないか、というご提案です。無為な時間を過ごせるほど人生は長くない。

Web会議関連機材方面の話題の中において、高品質マイクを使っても自分に価値が返って来ない、みたいな意見を目にすることがある。まあわかる。数万円の機材を買ったところで、その価値を享受しうるのは自分ではなく話し相手でしかない。場合によっては相手の聴取環境がカスだったりすると、わざわざ高品質マイクで良質な源泉音声を提供したところで、みたいな気持ちにもなろう。

わかる。わかるが、考え直すべきだ。もしくは、何も考えずにいますぐ高品質マイクを手に入れるべきだ。

なんで高品質マイクを使うのかといえば、自分の発言を聴く人たちがストレスを感じさせないようにすることで会議自体をスムーズにする、ひいては仕事全体をスムーズに進められるようにしたいわけです。ブツブツボソボソでマジで何言ってるかわかんねえようなヤツと仕事できなくないですか?

たしかに、俺様は音声が聞き取りにくい状況に対しては殊更ファックな気持ちになりがちである。

「声が聞き取りにくいコンテンツほど人をイラつかせるものはない」ということである。そしてこの真実は俺様の中でいまでも呪縛的に映像コンテンツに対する死守すべき指針となっている。

#密閉型イヤホン以外でWeb会議アドベントカレンダー 4 日目: LINE6 Sonic Port VX の巻 - Robot Checkerboard

それにしてもクリアな音声でコミュニケーションをとるための努力を惜しんでしまったら、この世界では生き残れないと思っている。仕方なくWeb会議をやっている、のではなくて、Web会議以外のコミュニケーションのほうが特殊な状況になってきている。であるならば、Web会議のストレスを最低限に抑え込む努力は当然に求められるし、ストレスのほとんどが低品質な音声に起因するのだから話は早い。

どうも世の中には高品質自撮り環境構築にコストを費やす人々もいるようで、それ自体は別に良いんですが、当然その高品質自撮り環境構築以前にエクストリーム高品質マイク環境は整っていると思いたい。なぜなら高品質自撮り映像を飛ばされても、音声がゴミだとすると情報として無意味であって、つまりお前のキレイな自撮り映像だけを見せつけられても仕事は何も進まない。余計な帯域を消耗していてインターネットに優しくないのでいますぐカメラをオフにしろ。そういうわけです。それがお前の志事なのか?最幸の志事ができているのか?

買おう、高品質マイク。

kiyo-shit.hatenablog.com

kiyo-shit.hatenablog.com

kiyo-shit.hatenablog.com